すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬のツキノワグマ保護管理(クマと私たちが共存できる尾瀬を目指して)
時期:シーズン中(5月中旬~10月中旬)
場所:山ノ鼻、ヨシッポリ田代
観察テーマ:見る


 ツキノワグマが生息する尾瀬では、湿原や樹林内でたびたびその姿が目撃されます。ツキノワグマは一般的には人を恐れて生活しており、こちらの存在を事前に感じ取って見つからないよう避けて行動していますが、私たちが何の配慮も無く尾瀬を歩くことで、不意の遭遇による人身事故が起こる可能性もあります。こうした事故を未然に防ぐために、尾瀬保護財団では環境省からツキノワグマ保護管理業務を受託し、対策マニュアルの作成や、出没状況に応じた段階的なクマ対策を行っています。尾瀬を歩いていて見かける以下のものもクマ対策によるものです。
  ・看板 → ツキノワグマが生活している場所に訪れていることを認識してください
  ・警鐘 → 主にツキノワグマの移動経路に設置されています。通行の際には鐘を鳴らして人間がいることをクマに知らせましょう
  ・木道脇の草刈り → 不意の遭遇を未然に防ぐために刈り払いを行っています
 弁当や菓子の残りを放置することは、クマに人間の食べ物の味を覚えさせ、危険なクマを作ってしまうことにもつながります。尾瀬を訪れる私たちひとり一人が気を付けましょう。

環境学習ポイント_59クマ対策1
■刈り払い作業のようす。ツキノワグマとの突然の遭遇を避けるための対策のひとつだ

環境学習ポイント_59クマ対策2
■ツキノワグマの移動経路となっている場所にはこうした警鐘が設置されている。鳴らしてから通行するようにしよう

環境学習ポイント_59クマ対策3
■人間を恐れて逃げるよう、お仕置きをして放獣する「学習放獣」も行われている

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。