すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがトンボ?(日本最小のトンボを見つけられるかな? - ハッチョウトンボ)
時期:7月~8月
場所:見本園、見晴~六兵衛堀
観察テーマ:見る


尾瀬には約40種類のトンボが棲息していると考えられていますが、その中でもハッチョウトンボは日本最小のトンボで、体長は15~20mmと1円玉とほぼ同じ大きさです。その名前の由来には、江戸時代に矢田鉄砲場八丁目(現在の名古屋市矢田川付近と考えられている)に生息していたことという説があります。
とても小さいハッチョウトンボを見つけるコツは、池塘付近であまり動き回らずに根気よく探すことです。想像よりもはるかに小さいこのトンボを見つけたときには、思わず驚きの声が出てしまうでしょう。

環境学習ポイント_56ハッチョウトンボ1
■非常に小さいハッチョウトンボだが、見つけた時の感激は非常に大きい

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。