すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は何人目の来訪者?(登山口に置かれている不思議な機械の役割 - 入山者数カウントセンサー)
時期:シーズン中(5月中旬~10月中旬)
場所:鳩待峠、三平下、大江湿原、御池
観察テーマ:触る


 環境省は平成元年から尾瀬の入山者数を計測しています。入山者が最も多かったのは平成8年で約64万人の人が訪れました。しかし平成10年以降は減少傾向をたどり、最近では30万人台を推移しています。
 入山者数は各登山口に設置されたカウントセンサーで集計したものです。この結果から各登山口の入山・下山の人数が分かり、尾瀬を利用する登山者の行動を把握することができます。現在は鳩待峠を利用する人が最も多く全体の約6割です。またミズバショウやニッコウキスゲが満開となる時期の週末に利用が集中しており、この他の日との利用状況の格差が目立っています。こうした情報を事前に知っていただき、混雑を避けて尾瀬本来の魅力を味わっていただければと考えています。

環境学習ポイント_51入山者センサー1
■鳩待峠登山口に設置された「入山者数カウントセンサー」。右側を通過しよう

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。