すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木道(尾瀬の風景の一部ともいえる木道について学んでみましょう)
時期:5月下旬~10月中旬
場所:原の川上橋東側
観察テーマ:見る


 昭和30年以前の尾瀬では登山者が自由に湿原を歩いていました。しかし、ぬかるんだ湿原は非常に歩きにくいため、木を切って湿原に敷いたのが木道のはじまりでした。木道が置かれ始めた頃は湿原を歩く登山者も多く、特に木道周辺の湿原が急速に荒廃してしまいました。その後、湿原を守るために木道整備がすすめられ、現在では尾瀬全体の木道は総延長が約57kmにもなります。環境省、群馬県、福島県、東京電力がそれぞれ担当する木道の整備・点検を行い、尾瀬の自然を守りつつ、その自然を楽しめるよう取り組んでいます。木道の形状も、雪解けや増水時に水没しないように高架式にしたり、つまずかないように踏み面に金具が出ないようにしたり、年々改良されています。
尾瀬保護財団では尾瀬ヶ原の山ノ鼻~竜宮沼尻川橋の木道補修を行っています。

環境学習ポイント_46木道1
■アヤメ平で木道の設置工事を行う

環境学習ポイント_46木道2
■多くの登山者に踏まれて痛んだ木道を補修するのもビジターセンターの仕事だ

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。