すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬の野鳥たち(鳴き声を私たちの言葉に置き換えてみると・・・ - 聞きなし)
時期:シーズン中(5月中旬~10月中旬)
場所:下ノ大堀川付近
観察テーマ:聴く


 鳥の鳴き方には2通りあります。声高らかに美しい鳴き声が聞こえたら、それはさえずりで、なわばりや、求愛などの鳥にとって大切な行為です。また、ジッとかチッといった声にならないようなものが聞こえたら、それは地鳴きと呼ばれる警戒の声です。
 湿原で見かけることの多いホオアカは、私たちの足音に気付くと湿原から突然飛び出し、また近くの草むらへ潜り込みます。しばらく耳を澄ましていると、ピッピピピピーとさえずる声が聞こえてきます。尾瀬ではこの声を「ヨッピの吊り橋落ちたー」と表現したりします。このように鳥の声を人の言葉に置き換えたものを「聞きなし」といいます。特にウグイスのホーホケキョ(法、法華経)は有名です。
 自然が豊かな尾瀬は鳥たちにとって大切な生息地です。それは、日本とオーストラリアを渡るオオジシギのような鳥でも同じことで、尾瀬は休息や採餌のための大切な中継地となっています。2005年に尾瀬がラムサール条約湿地に登録されたことで、改めてその重要性が認められました。

環境学習ポイント_44鳥1
■湿原でよく見られるホオアカ。鳴き声は「ヨッピの吊り橋落ちた~」と聞こえる




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。