すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スゲぇ役割(見た目は地味なスゲ属の植物も、尾瀬では重要な役割があります)
時期:7月~8月
場所:牛首分岐、ヤナギランの丘付近
観察テーマ:見る


 スゲの仲間は湿原でよくみられますが、地味なために気にとめる方は少ないかもしれません。姿はイネのようで、花と言っても目立たないのですが、尾瀬では50種程度のスゲが確認されています。
 尾瀬のスゲで最も知られているのはワタスゲでしょう。ミズバショウが満開の頃にツクシのような形で花をつけたワタスゲは、6月になると綿毛の付いた種を風に飛ばすため、茎を他の植物よりも伸ばしておなじみの姿になります。この頃にはワタスゲとよく似たサギスゲも綿毛をつけていますが、こちらはひとつの茎に小穂が数個付いていることで区別できます。ワタスゲやサギスゲのように綿毛で種を飛ばすのはスゲのグループでは珍しく、多くのものは結実してパラパラと地面に種を落とします。またスゲの仲間には湿原の回復作業に適しており、特にミタケスゲやヤチカワズスゲは荒廃した湿原の復元作業に活用されています。

環境学習ポイント_39スゲ1
■種を遠くに飛ばすためにワタスゲはこの頃になると草丈を伸ばす

環境学習ポイント_39スゲ2
■ワタスゲの花。地面近くで目立たないように咲いている

環境学習ポイント_39スゲ3
■荒廃してしまった湿原の回復作業に使われるミタケスゲ




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。