すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズバショウの役割(意外と知られていない尾瀬のミズバショウの役割を調べてみよう)
時期:5月下旬~8月上旬
場所:見本園、下ノ大堀川のミズバショウポイント、釜ッ堀湿原
観察テーマ:見る


 尾瀬と言えばミズバショウ。尾瀬ヶ原を埋め尽くすミズバショウの風景は誰しもがイメージする尾瀬の姿ではないでしょうか。しかし尾瀬を実際に訪れてみると、ミズバショウは湿原のどこにでもあるわけではないことがわかると思います。ミズバショウは水の流れで種を運び、川沿いで芽を出すという子孫の増やし方を行っているので、湿原でも水っぽい場所に生育しています。川沿いから離れた湿原で見られるミズバショウも、雨で増水した際に種が流されて発芽したものなのです。
 ミズバショウの見頃は5月下旬から6月上旬頃です。この時期の尾瀬を訪れたら木道近くのミズバショウをじっくり観察してみましょう。白い花びらに見えるものは、がくと呼ばれる葉が変形したもので、本当の花は中心で黄色く棒状に付いた一つ一つなのです。がくはこの花を守りながら、虫を誘うために目立たせる役割があると考えられています。花が終わる頃には葉がぐんぐん生長して、時には1m以上になりますが、これは川沿いや山際の豊富な栄養分によって大きくなったものです。また大きな葉がバナナの葉に似ていることから、バショウという名前が付けられています。
 また、洪水でも水がやってこないような場所でミズバショウを見つけることがありますが、それはミズバショウの実を食べたツキノワグマがフンをして、そこに混ざった種が発芽したものと考えられます。ミズバショウはツキノワグマの食料となり、代わりに新たな生活場所へと運んでもらっています。尾瀬の生き物がつながっていることを改めて感じさせてくれます。

環境学習ポイント_33ミズバショウ1
■川沿いで多く見られるミズバショウ

環境学習ポイント_33ミズバショウ2
■ミズバショウ。花は白い苞に包まれ、守られるようにして咲く




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。