すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清流の植物(川の中に何がいるかのぞいてみよう)
時期:7月~9月
場所:上ノ大堀川橋
観察テーマ:見る


 上ノ大堀川橋から川をのぞき込んでみると、スギナモという水草が生えていて、ゆるやかな川の流れに揺られているのを見ることができます。スギナモは北日本の池沼に生育する水草で、細かい葉が輪生した多数の茎が束となり、房状になって川面を覆うほどの大きさになります。8月には茎の先端が水面から出てきて、突き出す独特の姿になります。
 水草は水の温度や流れの速さ、きれいさや水質などに敏感な植物で、環境の変化によって種類が変わってしまいます。水質のバロメーターともいえる水草は、日頃から気をつけて見ていきたい植物です。

環境学習ポイント_24水草1
■上ノ大堀川で見られるスギナモ

環境学習ポイント_24水草2
■8月になると茎の先端が水上へとあらわれる




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。