すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮島(夏の思い出にも登場する浮島ってなんだろう)
時期:5月下旬~10月中旬
場所:研究見本園
観察テーマ:見る


 浮島は池塘の縁が切り離されたり、底がはがれて浮かび上がったりして作られます。浮島のように見えても、池塘の底とつながっていて風が吹いても移動しない固定島もあります。浮島の表面はミズゴケに覆われ、モウセンゴケやツルコケモモなどが寄せ植えされたように生えています。木道のなかった時代には浮島に人が乗って、池塘の水面をゆらゆらと漂ったりして遊んでいました。今ではとても考えられないことですね。
 尾瀬ではありませんが、群馬県みなかみ町の大峰沼には本州最大・最古といわれる浮島があり、群馬県の天然記念物に指定されています。

環境学習ポイント_23浮島1
■研究見本園の池塘に浮かぶ浮島




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。