すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬の貴婦人たち(見分け方をおぼえておこう - シラカンバ、ダケカンバ)
時期:6月中旬~10月上旬
場所:研究見本園
観察テーマ:見る


気品ある白い幹が印象的なシラカンバは、シラカバとも呼ばれ多くの人に知られています。尾瀬にはシラカンバとよく似たダケカンバも生育しており、両種は標高1,400m付近を境に、高いところにはダケカンバ、低いところにはシラカンバと住み分けています。しかし尾瀬ヶ原は標高1,400mにあるため、どちらの木も見ることが出来ます。とくに研究見本園の至仏山登山口付近では両種が並んで生えているので、特に葉の形を見比べてみましょう。シラカンバの葉脈は6~8対なのに対して、ダケカンバでは7~12対あることで見分けることができます。
 シラカンバとダケカンバのタネには翼があるので風に乗って運ばれやすく、伐採や山火事などで明るく開けた所に侵入して芽を出すよう工夫しています。こうして作られたシラカンバやダケカンバの森は、成長して林内が暗くなるにつれて、ミズナラなどの林へと遷移していきます。山の鼻ビジターセンター周辺ではダケカンバの大木とミズナラが入り混じり、こうした移り変わる様子をうかがうことができます。

環境学習ポイント_20シラカンバ1
■東面登山道入口付近のシラカンバ林。右奥にはダケカンバ林が見える

環境学習ポイント_20シラカンバ2
■シラカンバの葉

環境学習ポイント_20シラカンバ3
■ダケカンバの葉




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。