すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪解けを告げる鳥(どんなところに巣をつくっているのか観察してみよう)
時期:5月中旬~7月下旬
場所:尾瀬沼VC付近
観察テーマ:見る


イワツバメは春先の雪解けころに東南アジアから日本へ渡り、尾瀬などで3~4羽のヒナを産み、子育てを行います。雪解けの頃にはわずかに土が出ている場所へ群がるように飛来し、土と落ち葉などを口で混ぜては、山小屋の軒下で巣作りの材料としています。このためイワツバメの巣作りは、春を告げる姿でもあります。
7月になると親がヒナに餌を運ぶ姿が観察できますが、餌をねだるあまりに巣から身を乗り出し、自分から地面へ落ちてしまったヒナを見つけることがあります。こんなヒナを見つけた時には拾い上げたりせずに、遠くから見守ってあげてください。ときおり親ツバメが餌を運んで来るはずですから。

環境学習ポイント_19イワツバメ1
■巣作りのための材料を集めるイワツバメ

環境学習ポイント_19イワツバメ2
■7月にはヒナが巣から顔をのぞかせる




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。