すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬泥炭8000年の歴史(尾瀬ヶ原の厚さを知ってますか?)
時期:6月上旬~10月中旬
場所:竜宮十字路付近
観察テーマ:見る


尾瀬ヶ原は一面ミズゴケで覆われ、その表面は触ってみると柔らかいことが分かります。この湿原は一体どれだけの厚さがあるのでしょう?湿原の厚さとは泥炭(層)の厚さを表しています。ミズゴケで覆われている部分は表面のわずか数cmしかなく、その下は堅く締まった泥炭なのです。
 低温・過湿な環境下では、枯死した植物が完全に分解されずに泥炭となって積み重なります。ボーリング孔や井戸(ピット=竪穴)を掘って調べた結果、尾瀬ヶ原の中央部ではおおよそ4.5~5mの泥炭が堆積していることが分かりました。泥炭にはさまざまなものが挟み込まれたり含まれたりしています。例えばその時代に育っていた樹木の破片、遠くから飛んできた火山灰や軽石(火山噴出物=テフラといいます)、まわりの山々から飛散した樹木の花粉などです。中田代のあるボーリング孔では11枚ものテフラが見分けられ、一部は浅間山や榛名山、また遠く九州から飛んできた噴出物と特定され、その層の年代が分かりました。また放射性炭素年代測定法によっても年代が判明し、これらの事から泥炭の積み重なる早さは年間0.7~0.8mmと推定され、尾瀬ヶ原は場所によって違うものの、おおよそ8千年前ころから泥炭が積み重なり始めたと考えられています。
 群馬県立自然史博物館には、調査で取り出された泥炭の標本が展示してありますので、そちらも見てみてください。

環境学習ポイント_13泥炭1
■雪解け直後の湿原。よく見ると植物が積み重なり、その下に泥炭があることがわかる




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

05 ≪│2017/03│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。