すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトシブミ(登山道に落ちている丸まった葉の中には・・・)
時期:6月~8月
場所:鳩待峠~山ノ鼻、沼山峠~大江湿原
観察テーマ:触る


 尾瀬には不思議なものがたくさんありますが、オトシブミもその一つではないでしょうか。木道を歩いていると、道の上に葉の丸まったものを見つけることがあります。これは自然に丸まったものではなく、オトシブミという昆虫が作ったもので、葉の中には卵が産み付けられています。小さな体の虫が作ったとは思えないほど精巧に丸められ、拾い上げて見るたびに驚かされます。作り方はオトシブミの種類によって少しずつ違いますが、丸めた葉は、卵を守り、成虫となって外へ出るまでの食べ物としての大切な役割を担っています。
 ちなみにオトシブミという名前は、江戸時代に秘密の手紙を丸め、道ばたに落として届けたという落とし文に由来しています。

環境学習ポイント_11オトシブミ1
■体が小さいため注意して見ないとオトシブミを見つけることは難しい

環境学習ポイント_11オトシブミ2
■卵が産み付けられ丸められた葉。「落とし文」に似ていることから名前が付けられた




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。