すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉の上にイクラ?(イクラではないのですが、これも立派な卵です - 虫こぶ)
時期:7月~9月
場所:見本園入口
観察テーマ:触る


 虫こぶという聞き慣れない物体を知っていますか?知らない人も多いとは思いますが、尾瀬で目にしたことはあるかもしれません。虫こぶは虫えいとも呼ばれ、みなさんの身近な自然の中でも見つけることができます。
 尾瀬では初夏の頃、山ノ鼻周辺で虫こぶが目につき始めます。虫こぶの形にはいろいろなものがあり、その多くはいびつな形をしているのですが、山ノ鼻で最も見つけやすいのはミズナラの葉に乗った、イクラのような形をしたものです。虫こぶは昆虫が植物内に産卵して、植物が変形したもので、軽く触ったくらいでは取れません。この虫こぶが枯れる頃になると、卵から孵った幼虫が虫こぶから出てくるのです。
 その後も虫こぶは住処になったり、食べ物になったりするので、幼虫になってからも虫こぶは重要な物といえます。虫こぶを産みつける昆虫と産みつけられる植物の組み合わせは決まっていて、虫こぶの種類によって葉や茎などの産みつけられる場所や、形まで決まっています。植物に変わったものが付いていたら、じっくり観察してみてください。

環境学習ポイント_10虫こぶ1
■ミズナラの葉に産み付けられたイクラのような形をした虫こぶ




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。