すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれのお花畑(厳しい環境で生きる戦略 - 高山植物)
時期:7月上旬~8月下旬
場所:高天ヶ原、山頂~小至仏山
観察テーマ:見る


 高山植物と聞いて思い浮かぶのは、山で群生しているお花畑ではないでしょうか。鮮やかな花色が多い高山植物のお花畑は、まさに山上の楽園とも言える風景で、登山者であれば誰しもがあこがれる所です。しかしこの花色は、雪のないわずかな期間に開花し、種をつけなくてはいけないために一斉に開花し、短期間で花粉を運んでくれる昆虫をたくさん集めるために、大きくて目立つ、美しい花をつけるためと考えられています。また、昼夜の激しい寒暖差や強風、強い日射し、積雪などから身を守るため、茎葉や花を毛で覆って外部からの刺激を和らげているというのも特徴の一つです。
 厳しい環境の中で育つこれらの高山植物は、水分や土壌の変化に大変敏感です。踏み付けによって生育地を傷つけないように気を付けましょう。

環境学習ポイント_09高山植物1
■エーデルワイスの仲間であるホソバヒナウスユキソウ

環境学習ポイント_09高山植物2
■残雪の横にはハクサンコザクラが咲く




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。