すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿原のハンターたち(虫を捕らえるしくみを触って確かめてみよう - モウセンゴケ)
時期:6月下旬~8月上旬
場所:上田代、沼尻
観察テーマ:触る


湿原には花粉を運ぶ昆虫を待つ植物いれば、昆虫を捕らえてエサにしようとする植物もいます。このように葉や茎を使って昆虫などを捕まえ、栄養として消化吸収する植物を食虫植物といいます。
尾瀬にはモウセンゴケ、コタヌキモ、ムシトリスミレという食虫植物が生育しています。この中でもモウセンゴケは目にする機会の多い食虫植物で、葉が丸形のモウセンゴケと、細長い形のナガバノモウセンゴケの2種類があります。ナガバノモウセンゴケは細長く大きな葉を活かして、トンボなどの大きな昆虫を捉えることができるようです。赤く見える葉をよく見ると、表面にネバネバした液体を水玉のように付け、虫が来るのをじっと待っています。モウセンゴケを見つけたら、虫になったつもりでちょっとだけ触ってみてください。
運悪くモウセンゴケにとまった昆虫は、暴れるほど葉が覆い被さるように包み込み、その消化液で幾日もかけて溶かされて吸収されます。こうして成長したモウセンゴケは、7月中旬頃に米粒ほどの白い小さな花を高い茎に咲かせます。これは花粉を運ぶ虫たちを葉で捕まえないようにするモウセンゴケの知恵なのです。

環境学習ポイント_06モウセンゴケ1
■モウセンゴケに捕らえられたアオイトトンボ

環境学習ポイント_06モウセンゴケ2
■小さな白い花を咲かせるモウセンゴケ

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。