すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公衆トイレ(尾瀬の自然への負荷を減らす努力)
時期:5月中旬~10月中旬
場所:鳩待峠、御池、尾瀬沼、山ノ鼻
観察テーマ:見る


 尾瀬に限らず、登山する際に気になるのがトイレの有無です。尾瀬には公衆トイレが各地に設置されていて、清潔で快適に利用できます。みなさんが利用するこの公衆トイレは尾瀬の環境を守るために、とても重要な役割を果たしているのです。
 尾瀬のトイレには全て合併処理浄化槽が設置され、直接、汚水を湿原へ流さない配慮をしています。いったん浄化槽に貯められた汚水は微生物によって分解され、浄化後は近隣の河川や、パイプラインで域外へ放流しています。トイレットペーパーなどの固形物は脱水・乾燥したのち、ヘリコプターで尾瀬外へ搬出しています。
 尾瀬では自然環境への負荷を減らすため、公衆トイレを設置していますが、その維持管理には多くの費用がかかっています。尾瀬でトイレを利用する際には、尾瀬の環境への影響を少しでも減らすためにも、1回100円程度の協力金をお願いします。
 また至仏山や燧ヶ岳には公衆トイレがありません。山中での排泄は周辺の沢や湿原にも影響を与えます。登山前には必ずトイレを済ませ、ザックには携帯トイレを用意して行きましょう。

環境学習ポイント_05公衆トイレ1
■公衆トイレに設置されたトイレチップ箱




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。