すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬水の大冒険(尾瀬の水が流れ下る先には・・・)
時期:5月中旬~10月中旬
場所:鳩待峠、三平峠
観察テーマ:見る


 春の三条ノ滝は尾瀬の雪解け水が流れ下り、最も迫力のある姿を見せます。周囲の山からの水は尾瀬沼や尾瀬ヶ原を潤し、沼尻川、ヨッピ川、只見川と名前を変えて、平滑ノ滝、三条ノ滝を経て長い旅のすえに日本海へと注ぎます。尾瀬に降る雨や雪は、その多くが日本海へと流れていくのです。
 尾瀬の登山口である鳩待峠に降る雨は、すぐに川上川へとなって尾瀬ヶ原へと流れていきます。でも少し場所を変えてみてください。戸倉へ向かう車道の方へも水が流れ、こちらは片品川となって、やがて太平洋へと流れていくのです。
 このように尾瀬の稜線は、どちら側に降るかで水系が変わり、到着する海が違ってくるのです。この境界線を分水嶺と呼んでいます。尾瀬では三平峠から皿伏山、富士見峠、鳩待峠そして至仏山へと連なる稜線が分水嶺となっています。尾瀬の水がどんな旅をするのか想像してみるのもいいかもしれません。

環境学習ポイント_04分水嶺1
■鳩待峠から山ノ鼻へと流れる雨水。この水はやがて日本海へと流れてゆく

環境学習ポイント_04分水嶺2
■尾瀬の水を集めて平滑ノ滝を流れ下る

環境学習ポイント_04分水嶺3
■平滑ノ滝の次には豪快に流れる三条ノ滝がある




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

05 ≪│2017/03│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。