すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇紋岩(至仏山に珍しい植物が育つ理由とは)
時期:7月上旬~10月中旬
場所:小至仏山~至仏山の稜線上
観察テーマ:触る


 至仏山に登ると、山頂に近づくにつれて茶褐色の岩が現れます。これが至仏山を形成している蛇紋岩です。至仏山の蛇紋岩は古生代末期から中生代初期(約2億3000万年前)に形成された非常に古い岩石で、尾瀬では至仏山付近にしか分布していません。本来は暗緑色の岩石なのですが至仏山では風化が著しく、表面が茶褐色になっています。蛇紋岩という名前は、岩肌に蛇のような模様が見られることから命名されました。
 蛇紋岩はケイ素とマグネシウムを含み、超塩基性の性質をもっています。蛇紋岩から溶け出すマグネシウムイオンは、植物の根からの吸水を鈍らせます。このため、至仏山では他地域からの植物の侵入が難しく、蛇紋岩地に適応した植物が残されました。こうした植物を蛇紋岩残存植物(オゼソウ、カトウハコベなど)、蛇紋岩変形植物(ホソバヒナウスユキソウ、シブツアサツキなど)といいます。
 蛇紋岩は大変滑りやすいことも特徴のひとつです。至仏山登山の際には足元に注意しましょう。

環境学習ポイント_03蛇紋岩1
■東面登山道の蛇紋岩。滑りやすいため通行には十分注意したい

環境学習ポイント_03蛇紋岩2
■尾瀬の名前が付けられたオゼソウ




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。