すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵がカエル場所(池塘に浮かぶ白い物体は何だ? - 尾瀬の両生類)
時期:6月上旬~7月下旬
場所:研究見本園右手入口すぐの水たまり
観察テーマ:見る


 水が豊富にある尾瀬はカエルにとって棲みやすい環境です。木道を歩きながら耳をすましてみると、湿原からウフフフ・・・、クククク・・・、という笑い声にも似たカエルの声が聞こえてきます。尾瀬に生息しているカエルはヤマアカガエル、タゴガエル、ツチガエル、モリアオガエル、アズマヒキガエル、カジカガエルの6種類です。
 雪解けが始まると、すぐに水辺でカエルの卵を見つけることができます。最も見つけやすいのはヤマアカガエルで、研究見本園の右手入口からすぐの水たまりでは、毎年透明の卵を見つけることができます。なぜこの場所に卵を産むのでしょうか? そっと水に手を入れてみましょう。研究見本園には至仏山からの冷たい雪解け水が流れ込みますが、この場所の水はぬるいのが分かります。流れが無く適度な水温のために、オタマジャクシが育つのに適した環境となっているようです。
モリアオガエルは水辺の樹上に白い卵塊を産みつけますが、尾瀬では池塘のまわりに樹木が少ないため、直接岸辺に産みつけることが多いようです。

環境学習ポイント_02カエル1
■池塘のふちに産みつけられたモリアオガエルの卵塊

環境学習ポイント_02カエル2
■ヤマアカガエルの卵

環境学習ポイント_02カエル3
■池塘のモリアオガエル




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。