すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月16日-山の鼻ビジターセンターより(アワフキムシ)
■天気:晴れのち雨
■気温:22.4℃(9時) 25.2℃(最高) 15.6℃(最低)

足下をよーくみてみると
最近、湿原の中でちょっと変わったものがみられます。

だれかがツバをはいたのか、それともモリアオガエルの卵かな。
アワフキムシ

犯人はアワフキムシです。
セミやカメムシの仲間で、アワフキムシの幼虫が排泄物で泡状の巣をつくり
身を守るためにこの中で育ちます。

アワフキムシ展示

詳しい生態を知りたい方は山の鼻ビジターセンターにこんな展示があります

アワフキムシ展示2
この泡の模型、
そっと泡をとってみると中には・・・。


いつもとちょっと違った目線で尾瀬を歩いてみると新たな発見があります。

担当:大泉




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。