すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月15日-山の鼻ビジターセンターより(これは一体・・・?)
■天気:曇りのち雨
■気温:11.4℃(9時)12.8℃(最高)4.4℃(最低)


今日の尾瀬もすっかり冷え込みました。
私は東京で暮らしていましたが、東京でいえばもう真冬のような寒さです。

ようやく、この時期の尾瀬らしい気候になってきたので安心な一方、
寒さはやはり体に応えますね。

samui.jpg
                                【研究見本園にて】
寒さは伝わるでしょうか??


そんな今日は、研究見本園でこんなものを発見しました!
ti.jpg

湿原から5cmほどの緑色の物体がにょきっと出ていました。
先端が赤くなっていたのでパッと目を引きました。

調べて見ると、地衣類の一種で『コアカミゴケ(ハナゴケ科)』と
いう名が付いていました。

そもそも地衣類とは一体何なのか!!
地衣類は、菌類の仲間で、必ず藻類と共生しているという特長を
持っています。
地衣類を構成している菌と藻は、互いに助け合って生活している
のです。

地衣類は、冬でも枯れることありません。岩の上のおかしな模様、
樹皮のパズル模様は地衣類の仕業かもしれませんよ。

木の葉も落ち始め、太陽の光が地面まで届くこれからの季節が、
地衣類観察のベストシーズン!
いろいろな地衣類を見つけて楽しんで見て下さいね♪

担当:渡辺





Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。