すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月23日 山の鼻ビジターセンター (研究見本園)
 ■ 天気:曇りのち晴れ
 ■ 気温:14.8℃(9時)16.6℃(最高)11.1℃(最低)

 本日は午前中くもりだったのですが、午後に晴れたので
 研究見本園に散策に行ってきました。
 そしたらこんな植物を見つけました。
タマミクリ
 名前をタマミクリと言います。
 漢字で「球実栗」と書きます。確かによく見ると栗の
 ように見えますね。触ると痛いんでしょうか?
 続いて、
サアワダツ
 こちらは「サワダツ」の実です。
 果実は1cmも球形で熟すと紅色になって五つに裂け、
 仮種皮につつまれた紅色の種子が現れます。
 そして最後に、
アオダモ
 「アオダモ」です。
 アオダモのアオの由来は、黒墨に加えて青墨を作るための
 着色剤として利用されたことと、青い染料に利用されたことによると
 言われています。
 冬が近づくと今見えているものが来年にならないと見えないと言うのは
 なんだか悲しい様な切ない気持ちになりますね

 担当:森山


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。