すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年8月4日-尾瀬沼ビジターセンターより(ミゾソバ)
■天気:曇り一時雨
■気温:17.3℃(9時) 20.6℃(最高) 9.9℃(最低)

 昨日、やっと梅雨明けとなった東北地方と北陸。
尾瀨沼ビジターセンターは福島県ですので、これで尾瀬沼も梅雨明けです。
昨夜は満天の星空、今朝も冷え込み、早朝は期待した通りの好天でした。
ところが一転して曇り空となり昼過ぎは雨。不安定な一日でした。

 さて、湿原ではオレンジ色のコオニユリ、青紫のコバギボウシ・サワギキョウ、
黄色のオタカラコウとマルバダケブキ、白色のミヤマシシウドやオニシモツケなどが華やかです。
そんな中、木道沿いに群生しているものの、あまりに小さな花なので見落としてしまいそうな植物を
ご紹介します。ミゾソバ(溝蕎麦・タデ科)です。

とても透き通った薄ピンク色をしています。
20130804n1.jpg
葉が牛の顔の形をしているのでウシノヒタイ(牛の額)とも呼ばれています。
20130804n2.jpg

担当:布施


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。