すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年7月19日-尾瀬沼ビジターセンターより(大江湿原の様子)
■天気:曇りのち晴れ
■気温:15.1℃(9時) 21.9℃(最高) 11.4℃(最低)

今日の大江湿原を訪れたお客様はとてもラッキーだったのではないでしょうか?
久しぶりに晴れ、日差しを受けて、大江川の東側一帯が黄色に染まっていました。
そう、ニッコウキスゲです。今、最高の見ごろを迎えています。
ニッコウキスゲ


沢沿いにオタカラコウ(雄宝香)が咲き始めました。
背丈が高く、穂状の花と葉が大きいため、よく目立ち、お客様に「あれは何?」とよく尋ねられます。
オタカラコウ


また、オタカラコウによく似たマルバダケブキ(丸葉岳蕗)も近くでつぼみを付けています。
マルバダケブキ


担当:布施


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。