すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年7月5日-山ノ鼻ビジターセンターより(アワフキ・オゼコウホネ・モリアオ)
■ 天気:雨のち曇り
■ 気温:18.1℃(9時)20.4℃(最高)15.6℃(最低) 

研究見本園を歩いていると、最近よく見かける泡状のもの??
awahukki.jpg
アワフキムシ(泡吹虫)です。
幼虫が排泄物を泡立て、泡状の巣をつくり、
身を守るためこの中で育ちます。
あとで中を覗かせてもらうとちゃんと住んでいました。

人間のツバでないことにとりあえず一安心・・。

次にこちら
ozekouhone.jpg

“尾瀬”と名の付く植物
その名もオゼコウホネ
今年も研究見本園の池塘(池)の中で咲き始めました。
尾瀬で最初に発見されたためこの名が付きました。

最後にその池塘の周りで鳴いているカエル。
ついにその姿をとらえました!!
moriao.jpg
尾瀬ではおなじみ、モリオアガエル。

普段はめったにお目にかかれない、
雨の日だけの特権かもしれないですね!

担当:大泉


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。