すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年6月9日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬の季節)
■天気:晴れ
■気温:17.7℃(9時)0.3℃(最低)22.7℃(最高)



こんにちは。
ミズバショウの見頃と言われる時期も徐々に終わりを告げようとしている中、
尾瀬ヶ原は一足遅く初夏の匂いを漂わせて来ています。
季節の知らせには様々な形がありますが、毎日尾瀬にいるとこんな小さな変化を
を観察する事もできます。
moriao.jpg

これはモリアオガエルの卵塊です。
水面上の枝に産卵することが多いですが、池塘の周りには低木が少ないため、
浮島に産んだようです。

ミズバショウだけが「尾瀬の主役」ではなく、短い尾瀬の夏もまた魅力的だと
思います。
尾瀬にいらした際はぜひ、貴方だけの「尾瀬の主役」を見つけてみて下さい。


sakasa.jpg
                    《植物研究見本園から臨む逆さ至仏》




担当:櫻井


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。