すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年5月30日ー山ノ鼻ビジターセンターより(研究見本園)
 ■ 天気 雨

 ■ 気温 最高;15.7℃ 最低;11.0℃


 皆さん、こんにちは。
 尾瀬は今日も朝から雨です。
 研究見本園を歩いていると、赤色の花がぴょこんと咲いていました。
 この花の名前は、ショウジョウバカマと言います。葉の上に咲く紅色の花を、
 能楽の『猩々』の赤い頭の毛にたとえ、下の根生葉の袴に見たてて、猩々袴と
 名付けられました。とてもキレイですね。
ショウジョウバカマ
アメンボが優雅に水面を移動していました。アメンボを捕らえると匂いを放つ
と言われています。この匂いが飴のようだと捉えられた事に由来しているそう
です。本当に飴のような匂いなのか、確かめてみたくなりますね。
アメンボ
雨の日でも、豊かな自然を感じる事ができるのだと改めて思いました。

 担当:森山 


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。