すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年5月26日-山の鼻ビジターセンターより(アヤメ平-長沢新道巡回)
■天気:くもりのち晴れ
■気温:26.5℃(最高) 0.0℃(最低) 

本日は、今年度初めてのアヤメ平巡回。
鳩待峠を経由して、横田代~アヤメ平~富士見峠~長沢新道~尾瀬ヶ原のコースを巡回しました。


天気予報では、くもりのち雨ということで心配でしたが、
ビジターセンターを出て歩いていると、太陽が顔を出し穏やかな天候でした。
(夕方、雷が燧ヶ岳の方で鳴っていましたが...)

鳩待峠を出発し林内を進むと、途中から登山道は真っ白な雪に覆われていました。
林内

倒木

倒木や、ぬかるみを抜け雪の上を必死で歩くこと1時間ちょっと。
横田代に到着!
林内とはうってかわって、残雪はなくひらけた湿原が広がっていました。
花は咲いていませんでしたが、その代わりに至仏山などの周辺の山々が
きれいに見え、湿原との眺望が美しく大変感動しました。

横田代.jpg
まさに天上の楽園!

アヤメ平も、雪はほとんど消え、湿原の様子を見ることができました。
アヤメ平

アヤメ平では、ショウジョウバカマやワタスゲなどの花が少し咲いていました!
池塘もいいですね。


帰りは、富士見峠から長沢新道を下って尾瀬ヶ原へ。
湿原以外の林内は全体的に雪に覆われています。
長沢新道は、急坂があり、滑りおりるようにして進みました。
この雪の急坂を竜宮方面から登ってくる登山者もいましたが、みなさん汗をかいていて、
私自身が登る事を考えると、ぞっとしました...!
急坂



そんな長沢新道を抜け、尾瀬ヶ原に着くと、きれいなミズバショウが出迎えてくれ、
疲れも吹き飛びました。ちょっとした冒険をした気分で、尾瀬の良さをまた一つ
知ることが出来ました!

7.jpg


鳩待峠~富士見峠~尾瀬ヶ原間は、全体的に林内の残雪が多く、夏道が不明瞭です。
木につけられた赤いテープやペンキ等の目印と人の足跡を頼りに進みましたが、
見失うことも多く迷いやすいので、行かれる方は経験者の同行がおすすめです。


担当:渡辺


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。