すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月16日-尾瀬沼ビジターセンターより (ウメバチソウ、アカトンボ)
■天気:晴れ
■気温:20.5℃(9時) 27.9℃(最高) 14.2℃(最低)花を見ただけで、開花してからの日数がわかる花をご存じですか?
それがこちら、ウメバチソウです。
ウメバチソウ
ウメバチソウは、一見雄しべのように見える多数の仮雄しべに囲まれた、5本の雄しべを持っています。
この雄しべ、花が開いた直後は中心に集まっていますが、一日に一本外側に伸びていきます。
ですので、外側に伸びた雄しべを数えると、開花してからの日数がわかります。
このウメバチソウは、開いて一日もたっていないのに、花びらがボロボロですね・・・・。

ワレモコウとアカトンボ

尾瀬沼の周りを飛び交うアカトンボも、ワレモコウに負けないくらい赤くなりました。

夏ももうじき終わりです。


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。