すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年7月6日-尾瀬沼ビジターセンターより (オガラバナとオオバタケシマラン )
■天気:曇りのち雨
■気温:19.3℃(最高)13.6℃(最低)17.6℃(9時)

今日は林内の花を紹介したいと思います。こちらはオガラバナ(麻幹花) 
カエデとわかる葉っぱの間から枝が突き出て、たくさんの小さな花を咲かせています。にょきにょきと顔を出し、風にゆらゆらと吹かれ、森の中で揺れる姿はこころ和ませてくれます。
オガラバナ



茎がクネクネしていて、あれっ折れちゃった?関節があるの?と、思わず見てしまうオオバタケシマラン
ぶら下がっている花の柄にも関節があって、さらにねじれている不思議なスタイルをしています。
やがて柔らかい赤い実をつけ、林内を歩く人の目を楽しませてくれますね。
オオバタケsウィマラン



担当:島野


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。