すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年7月6日-山の鼻ビジターセンターより(キンコウカ、アワフキムシ)
■天気:晴れのち雨
■気温:19.6℃(9時) 21.3℃(最高) 13.0℃(最低)

今日の尾瀬ヶ原は午後から冷たい雨となりました。

こんな日には人の気分はどうしても沈みがち。
ですが、そんな気分をぐっとこらえて散策に出かけてみると、
逆に生き生きとした植物たちに出会うことができます。

山ノ鼻研究見本園へ行ってみると、
キンコウカの蕾が木道沿いに多数見られました。
キンコウカの蕾
灰色の空の下、蕾の鮮やかな緑は他の花々にも負けないほどきれいでした。

ふと草の根本に目をやると、所々に泡が付いていました。
アワフキムシ
実は、この泡の中にはある昆虫の幼虫が潜んでいます。
その名もアワフキムシ。
自分の排泄物を泡立てて巣を作り、身を守っているそうです。

雨の多いこの時期、お越しの際にはくれぐれも雨具の準備をお忘れ無く。

担当:福井


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。