すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月13日-尾瀬沼ビジターセンターより(オオシラビソの種子)
■天気:晴れ
■気温:12.2℃(最高) -0.9℃(最低) 8.8℃(9時)


20111013n1.jpg
最近木道上にオオシラビソの種子が落ちているのをよく見かけます。
種子は風によく飛ばされるように大きな羽がついています。
この種子が条件の良い土壌に落ち、うまく発芽することが出来ると下の写真のような姿になります。


20111013n2.jpg

しかし、運良く条件の良い土壌に落ちても、動物や虫に食べられたり、
大雨で川に流れ込んでしまったりするかもしれません。
芽を出し、成木になることが出来るのは何百分の、いや、何千分の一の確率かもしれません。
1枚目の写真の種子はどういう運命を辿るのでしょう。



担当:山口


Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。