すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草紅葉と紅葉(冬直前に見せる錦秋の装い)
時期:9月下旬~10月中旬
場所:上田代の逆さ燧ベンチ
観察テーマ:見る


 尾瀬の夏は短く、8月下旬にもなると湿原には初秋の気配が漂います。生命力あふれていた夏の湿原は、いくぶん水気が抜け、風が葉の擦れる乾いた音を立てます。こんな季節の変化は日を追うごとに大きくなり、9月下旬には湿原全体が見事な草紅葉となります。草紅葉は湿原の植物が紅葉し、様々な色が混じり合い、日差しによっても濃淡が変わるので、同じ道でも時間や進む方向を変えると、また違った印象となります。尾瀬ヶ原や尾瀬沼を取り囲む山々の紅葉は、草紅葉より10日ほど遅れて見頃を迎えます。

環境学習ポイント_66紅葉1
■上田代の草紅葉と紅葉した至仏山

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。