すいすい尾瀬なび
        [尾瀬の自然のようすを毎日紹介! by 尾瀬保護財団]
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県境(尾瀬の自然を守るために - 県境)
時期:シーズン中(5月中旬~10月中旬)
場所:竜宮沼尻川橋、尾瀬沼釜ッ堀
観察テーマ:見る


 尾瀬は群馬、福島、新潟の3県にまたがって位置しています。県境は川や稜線に沿って設けられることが多く、尾瀬沼から流れる沼尻川が群馬と福島の境界となっています。またヨッピ川と合流した後は福島、新潟の境界となります。木道には管理者の焼き印が付けられているため、その印を見ることで自分が3県のどこを歩いているのかを知ることが出来ます。
しかし、尾瀬の自然を守るためには県境を超えた取り組みが必要となり、尾瀬保護財団は、多くの尾瀬関係者を相互調整し、県単位では解決できない問題に取り組むために設立されました。

環境学習ポイント_64県境1
■竜宮付近を流れる沼尻川は福島県と群馬県との県境になっている

■動画による紹介(クリックすると表示されます)




Our Network

@oze_info:尾瀬保護財団正式Twitterアカウント



ブログ検索



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



リンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。